しゃけねこ工房

アクセスカウンタ

zoom RSS 活力鍋とストウブでとうもろこし比較

<<   作成日時 : 2009/07/28 12:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

トウモロコシが2本あったので、
試しに活力鍋とストウブで茹で比較です。

使ったのは以下。

アサヒ軽金属の5.5リットル活力鍋。
(画像なくてスミマセン)
活力鍋では、カップ3ほどの水を入れて
別売りの籠に入れて蒸してみました。

買ったばかりの新入りストウブ君。


 《38%OFF・送料無料》ストウブ(staub) オーバルシチューパン 27cm(黒マット)

3・2リットル、カレーなら約8人分作れるサイズだそうです。
間口250×奥行200×深さ95mm、底面:222×160mm
フタ約2キロ、本体約3.5キロ、約5.5キロ。
オーブン、電磁調理器、ガス、放熱式、誘導式、
ハロゲン、食器洗浄機すべてに対応。
IHは100V、200V共に対応。

ストウブでは、皮を1枚残し、ヒゲはそのまま
水を加えず、無水調理。

画像


活力鍋は10分ほどで茹であがり。
この時点で、ストウブは「トウモロコシが汗かいた」状態。
ちゃんと計ってないですが、多分
ストウブだと倍くらい時間がかかるかも。

茹であがり。
上が活力鍋、下がストウブ。

画像


時間置きすぎたのか、ストウブの方はちょこっと
焦がしてしまいました
味は、
「どっちも変わらないかな」
です(笑)
茹でたらうまみが逃げちゃいますが、
どっちも蒸してるからうまみは逃げないですしね。
水を使わないで重い鍋で頑張るか、
水は使うけど焦げる心配のない蒸し調理にするか。
好みですね〜。
でも、時間がたっても保温性が高かったのはもちろんストウブ。
昼茹でて、夜食べても、入れっぱなしにしとくとほんのりあったかい。
そのせいか、トウモロコシがシワシワになりにくい気がします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

オススメキッチングッズ♪


3・2リットル、カレー約8人分
(実験したら1箱作れました)
フタ約2キロ、本体約3.5キロ、
計約5.5キロ
【ストウブを使った料理記事はコチラ】




【鍋敷き使用記事はコチラ】

手作りオススメショップ♪



ベージュ・白のセットもあり。質の良いレースで対応も良いお店です。
活力鍋とストウブでとうもろこし比較 しゃけねこ工房/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる